お墓よりもメリットの多い納骨堂について知っておく

異なる料金体制

 church funeral

納骨堂を利用する場合、購入して骨を納めるというのが基本的な流れとなっています。生前に購入しておけば、子供達や孫達にかける負担や不安を減らすことができるので、生前に購入しておくという方も多くなっています。そんな納骨堂の料金に関しては、それぞれ利用するタイプによって変わってきます。安く済ませたいという方は、簡易的なロッカー式や棚式などがおすすめです。その他、しっかりとした格式のものが良いという場合は、仏壇式や墓石式などもありますね。近年は機械式などが多くなり、全自動で管理してもらえるところもあります。価格はそれぞれの内容によって変わってくるので、一概に平均を言うことはできません。利用してみたいもの別に調べておくと良いですね。

納骨堂などは、場合によって数十万円から百数十万円の費用が必要となりますよね。当然、利用者の中には「もっと安くする方法がないかな」と思っている方が多いのも事実です。まず、利用する運営主体によって価格が変わるので、その点も調べておきましょう。寺院か民営か公営によって価格は異なり、さらには納骨堂のタイプによっても価格が大きく異なります。安く済ませたい場合は、簡素なものにすると良いでしょう。ロッカー式や棚式が一般的となっており、そこまで高いというものではないので使いやすいと思います。もちろんしっかりと保管してもらいたいという方は、それ相応の費用が必要となってくるので、しっかりと選んで使っていくことが必要となりますね。